読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の整頓

"もやもやしたもの"に輪郭をあたえる

関西人はツッコミでいつも忙しい

それってツッコミ待ちですか?ということがよく起きる。
そんな時、関西人の性で思わずつっこんでしまう。


僕の住んでいるそばの駅に「センター北」という駅がある。

センター北て、センターなのか北なのかどっちやねん。センターよりの北か?それとも北よりのセンターか?え?

とまぁ簡単に言うとこんな感じである。
ヘンテコな駅名を見付けたらつっこまないといけないから、電車の中は忙(せわ)しい。

_____

f:id:yuyu413:20161115101944j:plain

レストランへ行くと、もっと忙しくなる。

まずメニューだ。
メニューに「子羊の軽い煮込み」とかいうものがあれば、

「何軽いって?軽いって何」
「しっかり煮込んで。じっくりコトコト煮込んでや。手抜かんといて~」


〇漁師風オムライス 980円

「漁師風ってなんやねん。シーフードとか魚介ならわかるけど、漁師風ってなんやねん。漁師さんはオムライス作らへんからな!」


容赦ない。そろそろ一緒にいる男友達が呆れている。


メニューを見ていたらずっとつっこんでいそうなので、店員さんを呼ぶ。
そこでオススメを聞くとまた問題が起きる。

「そうですね。特にこちらの梅水晶(サメの軟骨と梅肉を和えた珍味)が、女性に人気です!」

男性や。男性二人で来てんねん。女に見えたか?え?男性に人気なの教えんかい。

これは完全に店員さんのツッコミ待ち。関西人への当て付け。陰謀だ。
いざ尋常に受けて立とう。


やっとこさチーズインハンバーグを頼んだら、店員さんが"ハンバーグインチーズ"お待たせしました」と言って出してきたことがあった。

「逆!逆!それやとチーズの中にハンバーグ入ってもうてる!」

戦慄した。
もうつっこまざるを得ない。
半分に切ったら、とろーっと流れ出るチーズ……ではなく、ハンバーグがどんっと出てくることになる。

 

f:id:yuyu413:20161114123128p:plain

「むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしばかりに、おばあさんはレストランへ行きました。

おばあさんはメニューを選んでいるとチーズが運ばれてきました。
「おや、これは立派なチーズなこと」
おじいさんに半分持って帰ってあげようとチーズを切ると、なんと中からとても元気で芳ばしいハンバーグが出てきました。
ハンバーグは大きな声で「ジュージュー」と産声をあげていましたとさ。」

 

桃太郎もびっくりだ。確実に鬼とシェアしたくなる。後世代々語り継がれることになるであろう。世代交代が甚だしい。

もはや桃太郎ではなくハンバーグ太郎だ。

いや、ハンバーグは洋風なので、ハンバーグマンか。

「日本昔話 ハンバーグマン」

日本昔話の歴史が塗り替えられた瞬間だ。

もしくは
「日本昔話 ハンバーグ イン チーズ」

もちろんこの場合の"イン"はミドルネームやけどな。


あぁ、ツッコミで忙しい。関西人の性を恨む。

_____

f:id:yuyu413:20161115102003j:plain

関西人は日本昔話の歴史を塗り替え、そして神様にも容赦なくつっこむ。怖いものなしだ。
最後にその話をさせてほしい。

そのためにはまず、愛すべき親友・まさやの話をしなければならない。

まさやは男3兄弟の次男。
地元では「油断したらまさや家みたいになるよ~」と言われる。

というのも、まさや家の長男は一度受験に失敗し一浪している。
次男のまさやは、一浪した長男を見て育ったからだろうか。ちょっとくらいは大丈夫だろうという油断からか、二浪してしまった。

「背中を見せる」とはよく言ったもので、そんな二浪したまさやを見て大きくなった三男は、やはり気を抜いてしまったのだろう。まさかの三浪してしまったのである。

男三兄弟で足して六浪。まさや家は足して六浪。大事なことなのでもう一度言う。足して六浪なのである。

親が子に「遊んでばっかりいたらまさや君ちみたいになるわよ」と言われるレベルである。

足して六浪の時点で面白いのだが、2浪した末、センター試験の国語が200点満点中ちょうど100点だったという奇跡的な読解力を持つ愛すべき親友・まさやが、受験前に初詣で引いたおみくじはこちらだ。

 

f:id:yuyu413:20161115101658p:plain


「国語の実力が足りぬ」

神様、ようわかっとるやん。

 

 

聞き間違い=やってはいけないミス、のようなものだと思っていたんだけど、誰も傷つけない「平和なキキまちがい」というものがあって、それによってほっこりするようなハプニングが起こる。聞き間違いも捨てたもんじゃないなぁという話です。

 

Twitterはこちら

森井悠太 (@yuyu413) | Twitter

Facebookはこちら

https://www.facebook.com/yuuta.morii.12

 

 

まにまに

まにまに

 

 これめちゃめちゃ面白いです。活字だけでこんなに笑ったのは初めてなんじゃないかってくらい面白い。西さんの関西弁がキレキレ。